たろXの『下手なら描かねば!』

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たろXの『下手なら描かねば!』

ガチの素人、30歳から漫画家を目指し始めたおっさんの現在進行形型リアルドキュメント。ときどきアクアリウムなど関係無いことも書きます。

目指せ漫画家。2ページ×5作品チャレンジやります!

 

みなさまこんにちは。ハイボールには唐揚げ!たろX(たろっくす)です。

 

前回の記事でも書きましたが、今回は、実戦形式の練習として、ちょっくら漫画を描いてみることにしました。

f:id:taro-x:20170319175041j:plain

目次

 

漫画を描く前にちょっと心構えから

1年前、絵を描こうと決めて、すぐに漫画を描いてみたわたし。

 

適当にストーリーとキャラは考えたのですが、絵はへたくそ・道具は何もない・細かい設定とか考えてない状態だったわけで、当然描けるわけもなく。

 

やみくもに、いきなり漫画を描くのは大変危険ということは、身に染みてわかっております。(確実に心が折れる

 

たとえ1ページでも、漫画を描くということは非常に労力がいります。一コマ目で投げ出したくなります。

 

 

で、今回。

 

たとえ練習とはいえ、途中で投げ出さずに、最後まで描き切るにはどうすればいいのか。まずは考えてみました。

 

 

 うーん・・・。

 

漫画を描く目的、方法などをできる限り細かく、明確にすることが重要かなと。

これらをないがしろにして、いきなりストーリーとかキャラクターを考え出すと100%挫折します。

 

 

ネットや参考書でよく目にする言葉。

トーリーやキャラクターが漫画の命!

 

・・・。

 

 

これらは、すでに漫画が描ける人にとっての話じゃないかと。

 

わたくしは、まだそのステージにはいないのが現実。だって、まともに漫画描いたことないんだもの(´・ω・`)

 

 

将来的に、素敵なストーリーや魅力的なキャラクターを描くためにも、漫画を描いたという経験を重ねることが大事なのです!描き切ることが大事!

 

で、今回は、きっちり目的や方法を設定してから望もうと思いました。 

 

2ページ漫画 を 5作品 描いてみることに!

漫画を描く目的や方法、コツなどを考えているなか、非常に参考になるブログを見つけました。独学で漫画家を目指す人間にとっては、本当にありがたい内容。

 

 この神ブログ↓

henegone.hatenadiary.jp

 

 

で、純粋なわたしは、こう思いました。

このブログに書かれていることをそのまま実践してみたらいいんでないか?

  

詳しい内容は差し控えますが、初心者は2ページ漫画を全力で描くことから始めるべし!というもの。で、次は8ページ・・・・16ページ・・と段階を踏んでいけばよろし!とのこと。

 

 

と、いうことでまずは「2ページ漫画を描き切る」ことから始めることにしました。さらに、へたくそな自分は、1作ではなんとなく物足りない気がするので、5作品描いたろうと。

 

 

2ページ × 5作品 で 計10ページ じゃ!!これをやり遂げることができたら、得るものは大きいはず!

 

名付けて「2×5 チャレンジ」!!

 

 

しかしまあ、2ページとはいえ、いきなり5作品となると、どういった漫画を描くかを考えることが大変。練習とはいえ、一応漫画を描くのだからね。ジャンルだけでもしっかり決めないと。

 

何かいい方法はないものか。

 

ちなみに、「漫画」をwikipediaで調べてみると、こんだけジャンルがでてきた。

  • 学園漫画 - 学生群像を描いた漫画
  • ギャグ漫画 - ギャグ描写を中心にした漫画
  • ファンタジー漫画 - ファンタジー要素が含まれた漫画
  • SF漫画 - SFを題材にした漫画
  • ホラー漫画 - ホラーを題材にした漫画
  • 恋愛漫画 - 恋愛を主題にした漫画
  • スポーツ漫画 - スポーツを題材にした漫画
  • 音楽漫画 - 音楽を題材にした漫画
  • 料理漫画 - 食に関することを題材にした漫画
  • 推理漫画 - 「ミステリー漫画」もしくは「探偵漫画」とも称される

こんな感じ。(ほかにも、バトルとか冒険とか)

 

 

・・・。

 

ぴこーん!

f:id:taro-x:20170319180340j:plain

 

これらを組み合わせよう。てなわけで、あみだくじでちゃちゃっと組み合わせた結果。

 

  • 学園×ギャグ
  • ファンタジー×スポーツ
  • SF×恋愛
  • ホラー×音楽
  • 料理×推理

 

これをテーマに描くことに!!1作品目は「学園×ギャグ」や!

 

 

さらに、上の方でも、いったように、目的や方法をできる限り細かく設定。

 

・何故描くのか

→まずは、漫画を描いたという経験を得る。これまで練習した描き文字、効果線、トーンを実践で使ってみる。課題を見つける。

 

・何(道具)で描くのか

→アナログ。つけペンとミリペン。原稿用紙は投稿用サイズのB4

 

・どれくらい描きこむのか。

→ペン入れ、トーン貼りまで。納得するまで。

 

1作品あたり、どれくらいで描くのか。

→3日以内。

 

・そのほか意識すること

→背景もできる限り細かく。ストーリーもきちんと。手足を意識して描く。

 

 

よっしゃ、頑張ろう!!

 

 

苦戦するも、1つめの2ページ漫画を描いたった!

で、実際に描きました。

のべ8時間くらい?(2~3日がかり)

テーマは学園×ギャグ!

 

 

こちら!

f:id:taro-x:20170319180533j:plain 

f:id:taro-x:20170319180545j:plain

 

 

まあ、内容はとりあえず、置いときまして・・・。w

 

 

<描いてみた感想>

・写真資料がないと何にも描けないことを再認識(これは当然)。今回はネット画像をその都度見て描いたけど、資料がなくてもある程度描けるものを増やしていくのが重要。また、普段から身近なものを観察して、構造なりを把握するよう意識しようと思う。

 

・描き始めはつらいけど、徐々に仕上がっていくのは楽しい。ただ、基本めんどくさいの連続w。

 

・予想以上に時間がかかる。仕事しながらは結構大変。

 

 

<良かった点>

・見せたいコマを自分なりに決めて描けた。

・背景を今までになく、しっかり描いた。

・描き文字、トーン、効果線を描いた。

2ページで一応オチもつけれた。

 

<苦労したところ・課題>

・思ったように細い線が描けない。

・下書きに比べ、線がにするとなんかショボくなる。

・人物の頭が大きくなる。(もっとリアルな頭身で描くつもりだった)

・原稿用紙が汚れる。

・セリフやナレーションを書くための、吹き出しや枠の大きさがわからなかった。 

・描き方がわからないが、ごまかした箇所が何か所かあった。(調べるのがダルくなった)

・ネーム用原稿用紙(ペラペラ)に下書きを念入りにしすぎて、描き移す気力がなく、そのまんまその上にペン入れしたwトレース台を買おうw

・へたks

 

など書き切れないくらい多数・・・。

 

 

1作目はこんな感じでした。ダメな点や課題が山盛りなのは当たり前。これらをひとつずつぶち壊していくのだ!

 

そんな中、良かった点がほんの少しでも挙げられたことはでかいと思いました。

 

以上!

 

 

次回は、第2作目「ファンタジー×スポーツ」!!今回みつかった課題を意識しながら描くぞ!!

 

では、また!